国立国会図書館の「図書館向けデジタル化資料送信サービス」が香川県立図書館内でも利用できます!

国立国会図書館の「図書館向けデジタル化資料送信サービス」が

香川県立図書館内でも利用できます

 平成26年1月から国立国会図書館の「図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館送信)」が開始されました。
国立国会図書館のデジタル化資料の閲覧・複写は、これまで国立国会図書館の施設(東京本館、関西館、国際子ども図書館)でのみ可能でしたが、今後は香川県立図書館内でも可能になります。

「図書館向けデジタル化資料送信サービス」とは

  国立国会図書館がデジタル化した資料のうち、絶版等の理由で入手困難な資料について、公共図書館・大学図書館等(国立国会図書館の承認を受けた図書館に限ります。)にデジタル画像を送信し、各図書館で画像の閲覧等ができるようになるサービスです。

1 利用開始日

  平成26年4月22日(火)

2 利用できる資料

 
  国立国会図書館がデジタル化した資料のうち、絶版等の理由で入手困難な約131万点(平成26年1月時点)の資料が利用できます。

   図書 明治期から昭和43年頃までに発行された図書約50万点

   古典籍 明治期以降の貴重書等約2万点

   雑誌 平成12年までに発行された雑誌(商業出版されていないもの)約67万点

   博士論文 平成3~12年度に国立国会図書館に送られた論文(商業出版されていないもの)約12万点

     ※詳細は次の公式サイトをご参照ください。

       ・図書館向けデジタル化資料送信サービスについて(国立国会図書館ホームページ)
          http://www.ndl.go.jp/jp/service/digital/index.html           

       ・国立国会図書館デジタルコレクション(国立国会図書館ホームページ)
          http://dl.ndl.go.jp/
            ※このサイトで国会図書館のデジタル化資料が検索できます。
                そのうち、ご自宅で本文を閲覧できるタイトルは、公開範囲が「インターネット公開」になっているものだけです。
                公開範囲が「国立国会図書館/図書館送信参加館内公開」になっているタイトルは、当館で本文をご覧いただけます。
                見たいタイトルを事前に決めておいていただくことで、来館時に円滑にご利用いただけます。

3 利用できる方

 
  香川県立図書館の資料貸出カードをお持ちの方なら、どなたでも利用できます。
  資料貸出カードの申し込み方法については、次のページをご参照ください。

   <利用案内>はじめて本を借りるとき
           Categories お知らせ