大平文庫

公益財団法人大平正芳記念財団から寄贈を受けた、旧大平正芳記念館所蔵の図書を県立図書館に
 「大平文庫」として開設しました。

 1 趣旨
  大平正芳氏が所蔵していた図書や関連図書などをまとまった形で保存し、広く県民の利用に供します。 

 2 開設日
  平成28年2月16日(火)

 3 内容

   (1)  「大平文庫」の概要  
    ・冊数:8,593冊
・場所:県立図書館1階閲覧室の郷土資料コーナー
・開架図書:約1,000冊
・開架しない図書は書庫で保存
 
       
   (2)  開架図書(約1,000冊)の構成〔平成28年2月16日現在〕  
     ア.大平正芳氏の思想、活動、足跡等がわかる分野の図書 570 冊
  ・思想(哲学)
  ・政治活動(政治)
イ.大平正芳氏の著作、研究書など 60 冊
  ・著作・研究書
ウ.大平正芳記念賞受賞作 155 冊
エ.愛読書 215 冊
  ・愛読書1(若き日の愛読書)
  ・愛読書2(日本の政治家の論文・随筆、政治家の回顧録等(英文)など)
 
       
   (3)  利用方法  
    ・館内で閲覧できます。
・図書館外への個人貸出しはできません。
・遠隔地の利用者が県立図書館に来館しなくても閲覧できるよう、図書館等への相互貸借(協力貸出)をおこないます。
ただし、貸出先での個人貸出しは不可とし、館内利用に限定します。お近くの図書館にご相談ください。
 
       
       
       

  「大平文庫」リーフレットはこちら → 表面  裏面