資料詳細

日本文藝家協会/編 -- 光村図書出版 -- 2022.8 -- 914.68

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵場所 請求記号 資料番号 資料区分 帯出区分 状態
一般資料 9146/N75/1-32 1110718598 一般 貸出可 貸出中 iLisvirtual

資料詳細

種別 図書
タイトルコード 1130404136
タイトル ベスト・エッセイ  2022
タイトルカナ ベスト エッセイ
著者 日本文藝家協会 /編  
著者カナ ニホン ブンゲイカ キョウカイ
出版地 東京
出版者 光村図書出版
出版年 2022.8
ページ数 337p
大きさ 20cm
一般件名 随筆-随筆集
NDC分類(8版) 914.68
NDC分類(10版) 914.68
ISBN13桁 978-4-8138-0414-7 国立国会図書館 KGWAP5502 GoogleBooks WebcatPlus
定価 ¥2000
内容紹介 コロナ禍の中、表現者たちは、いったい何を見つめ、何を考えていたのだろうか-。角田光代、倉本聰、高村薫、ブレイディみかこ、横尾忠則ら、一流文筆家の名文を収録。日本文藝家協会編纂のエッセイ・アンソロジー。

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
部屋にいる感じ 武田 砂鉄/著 10-12
ロクな恋 李 琴峰/著 13-17
特に秘密、ありません 二宮 敦人/著 18-22
親父の枕元 原田 宗典/著 23-31
犬の建前 宇佐見 りん/著 32-36
いつか「コロナ福」だったと言える日 鷲田 清一/著 37-39
内田 洋子/著 40-43
学び始める春 失敗を楽しむ 山本 貴光/著 44-47
おじいさんの空き地 瀬尾 夏美/著 48-52
落合博満への緊張感 鈴木 忠平/著 53-57
月の沙漠 小池 水音/著 58-62
冷水を浴びせる 三浦 雅士/著 63-67
陰のある光 小泉 凡/著 68-72
脳内ドイツ マライ・メントライン/著 73-76
父と兄の書棚が招いた変な読書 志茂田 景樹/著 77-85
心の扉を開く言葉 寮 美千子/著 86-89
立花隆さんを悼む 柳田 邦男/著 90-93
失われゆく昭和探して 川本 三郎/著 94-96
大人への扉を開けたのは 加納 愛子/著 97-101
関係性の結晶 齋藤 陽道/著 102-106
ガラスのこころ 岸田 奈美/著 107-111
“諦められない”心でアイヌ語研究に熱中 金田一 秀穂/著 112-115
アイヌとして生きる 川上 容子/著 116-119
佃煮に想う 小泉 武夫/著 120-123
最高の食事 田中 卓志/著 124-131
珠玉の世界 ブレイディみかこ/著 132-136
神様、世間様 尾崎 世界観/著 137-139
さいとう・たかをさんの思い出 辻 真先/著 140-142
コロナ禍 社会と密になった 本谷 有希子/著 143-147
最後の飛翔 椹木 野衣/著 148-153
我が町の「宝」 井上 理津子/著 154-157
ネガティブな皆さんへ 尾上 松緑/著 158-160
あいつなりに筋は通ってるんだ 岩松 了/著 161-165
翻訳とは 村井 理子/著 166-168
覚えられない 茂山 千之丞/著 169-171
白土三平さんを悼む 田中 優子/著 172-174
そんな時代 海猫沢 めろん/著 175-179
ともに歩けば 小川 さやか/著 180-183
(笑)わない作家 万城目 学/著 184-187
雪原 岸本 佐知子/著 188-191
河合雅雄さんを悼む 佐倉 統/著 192-194
学園の平和、取り戻せ! みうら じゅん/著 195-197
料理 小山田 浩子/著 198-201
田中邦衛さんを悼む 倉本 聰/著 202-205
「声」分かち合う喜び 温 又柔/著 206-209
エリック・カールさんを悼む 松本 猛/著 210-212
月みる月は 彬子女王/著 213-215
トーストと産業革命 青山 文平/著 216-219
祖父母のすずらん守る 星野 博美/著 220-222
考えることに失敗する 神林 長平/著 223-227
悪態俳句のススメ 夏井 いつき/著 228-232
死も遊びだと思いましょ 横尾 忠則/著 233-235
UFO 柴田 一成/著 236-238
「やめた」後の達成感 ほし よりこ/著 239-242
息子よ安心しなさい、あなたの親指は天国で花となり咲いている 青木 耕平/著 243-247
那須正幹さんを悼む 高樹 のぶ子/著 248-250
愚かさが導いてくれた道 沢木 耕太郎/著 251-257
クールでお茶目なかっこよさ 谷 慶子/著 258-260
機械はしない終業挨拶 黒井 千次/著 261-264
閉、じ、こ、も、り 村田 喜代子/著 265-269
ナマケモノ 奥本 大三郎/著 270-275
夢を彷徨う 高村 薫/著 276-279
愛しの小松政夫さん 鈴木 聡/著 280-282
胃袋の飛地 湯澤 規子/著 283-287
『老人と海』をめぐる恋 高見 浩/著 288-293
「すごい」と「やばい」 酒井 順子/著 294-296
写真を撮られるということ 松浦 寿輝/著 297-301
安野光雅さんを悼む 大矢 鞆音/著 302-304
この世の通路 佐々 涼子/著 305-308
瀬戸内寂聴さんを悼む 林 真理子/著 309-313
多分、両方だと思いますよ 町田 康/著 314-317
忘れがたきご亭主 三浦 しをん/著 318-323
あそこの棚に置いてある。 堀江 敏幸/著 324-326
それは私の夢だった 角田 光代/著 327-332
遠き花 藤沢 周/著 333-337