資料詳細

〔村松岐夫〕/〔監修〕 -- 東洋経済新報社 -- 2015.7 -- 369.31

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵場所 請求記号 資料番号 資料区分 帯出区分 状態
一般資料 36931/M46/1-8 1109188712 一般 貸出可 在庫

資料詳細

種別 図書
タイトルコード 1110300404
タイトル 大震災に学ぶ社会科学  第8巻
タイトルカナ ダイシンサイ ニ マナブ シャカイ カガク
著者 〔村松岐夫〕 /〔監修〕, 〔恒川惠市〕 /〔監修〕  
著者カナ ムラマツ ミチオ
巻の書名 震災から見える情報メディアとネットワーク
各巻著者 池田謙一/編
出版地 東京
出版者 東洋経済新報社
出版年 2015.7
ページ数 304p
大きさ 22cm
一般件名 東日本大震災(2011) , マス・メディア
NDC分類(8版) 369.31
ISBN13桁 978-4-492-22363-5
定価 3500円
内容注記 内容: 震災時・震災後の情報メディア環境が受け手に与える心理的・社会的インパクト / 池田謙一, 安田雪著,災害研究における情報メディアの役割を考える / 田中淳著,テキストデータを用いた震災後の情報環境の分析 / 稲増一憲, 柴内康文著,震災期の新聞・TV、Yahoo!トピックス、ブログ記事と投稿の特徴 / 柴内康文, 稲増一憲著,災害時における情報メディアの効果的活用のために:災害時に求められる情報支援のあり方とは / 会津泉著,被災三県情報行動パネル調査2011-2012 / 池田謙一, 安田雪著,首都圏情報行動パネル調査2011-2012 / 柴内康文著,必要な情報が届くために:情報環境と受け手の対応関連性・整合 / 池田謙一, 安田雪, 柴内康文著,震災復興過程におけるメディア論からの教訓 / 田中淳著
内容紹介 東日本大震災の被害がどのようなものであったか、そして復旧・復興に向かってどのような活動や努力がおこなわれてきたかについて、広く社会科学の諸分野の情報を集め、記録し、分析してきた成果。
著者紹介 【村松】学術システム研究センター相談役、日本学士院会員、京都大学名誉教授。,【恒川】政策研究大学院大学特別教授、東京大学名誉教授。

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
震災時・震災後の情報メディア環境が受け手に与える心理的・社会的インパクト 池田謙一/著
災害研究における情報メディアの役割を考える 田中淳/著
テキストデータを用いた震災後の情報環境の分析 稲増一憲/著
震災期の新聞・TV、Yahoo!トピックス、ブログ記事と投稿の特徴 柴内康文/著
災害時における情報メディアの効果的活用のために:災害時に求められる情報支援のあり方とは 会津泉/著
被災三県情報行動パネル調査2011-2012 池田謙一/著
首都圏情報行動パネル調査2011-2012 柴内康文/著
必要な情報が届くために:情報環境と受け手の対応関連性・整合 池田謙一/著
震災復興過程におけるメディア論からの教訓 田中淳/著