資料詳細

ブライアン・ウォード=パーキンズ/著 -- 白水社 -- 2014.6 -- 232.8

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵場所 請求記号 資料番号 資料区分 帯出区分 状態
一般資料 2328/W1/ 1108829670 一般 貸出可 在庫

資料詳細

種別 図書
タイトルコード 1110220302
タイトル ローマ帝国の崩壊 
タイトルカナ ローマ テイコク ノ ホウカイ
副書名 文明が終わるということ
著者 ブライアン・ウォード=パーキンズ /著, 南雲泰輔 /訳  
著者カナ ウォード・パーキンズ ブライアン
出版地 東京
出版者 白水社
出版年 2014.6
ページ数 286,49p
大きさ 20cm
原タイトル The fall of Rome./の翻訳
一般件名 ローマ(古代)
NDC分類(8版) 232.8
ISBN13桁 978-4-560-08354-3
定価 3300円
内容紹介 ローマ帝国末期にゲルマン民族が侵入してきた時、ローマ社会や経済に何が起き、人びとの暮らしはどう変化したのか。史学・考古学双方の研究を駆使して描く、激動の時代の実態。〈受賞情報〉ヘッセル=ティルトマン賞
著者紹介 【ウォード=パーキンズ】ローマ生まれ。オクスフォード大学モードリン・カレッジ卒。イギリスの考古学・歴史学研究者。現在、同大学トリニティ・カレッジのフェロー。同大学古代末期研究センターで指導的な役割を果たしている。本書は2006年に、ヘッセル=ティルトマン賞を受賞。,【南雲】山口大学人文学部講師。主要著訳書「人文学への接近法-西洋史を学ぶ」、P.サルウェイ編「オックスフォード・ブリテン諸島の歴史1ローマ帝国時代のブリテン島」。