資料詳細

永井一彰/著 -- 笠間書院 -- 2014.2 -- 022.31

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵場所 請求記号 資料番号 資料区分 帯出区分 状態
一般資料 0223/N4/ 1108782408 一般 貸出可 在庫

資料詳細

種別 図書
タイトルコード 1110196275
タイトル 板木は語る 
タイトルカナ ハンギ ワ カタル
著者 永井一彰 /著  
著者カナ ナガイ カズアキ
出版地 東京
出版者 笠間書院
出版年 2014.2
ページ数 602p
大きさ 22cm
一般件名 古刊本 , 出版-日本-歴史-近世
NDC分類(8版) 022.31
ISBN13桁 978-4-305-70718-5
定価 12000円
内容注記 内容: 板木の意義 京都と古典文学,『おくのほそ道』の板木 『おくのほそ道』板木の旅路,『おくのほそ道』蛤本の謎,「芭蕉」という利権 小本『俳諧七部集』,小本『俳諧七部集』の重板,『七部大鏡』の版権,入木 梅竹堂会所本の入木撰,『芭蕉翁発句集』の入木,板木二題,『山家集抄』の入木,版権移動・海賊版・分割所有 『笈の小文』の板木,『奥細道菅菰抄』の板木,『七部解』と『七部木槌』,『冬の日注解』の板木,竹苞楼の板木,板木の分割所有,『四鳴蝉』の板木,板木は語る 佛光寺の板木,慶安三年版『撰集抄』の板木,俳書の板木,一茶等「七評ちらし」の板木
内容紹介 従来注目されることのなかった板木を学術史料として位置付け、出版研究に新しい視点を導入。近世出版現場の生々しい痕跡を伝える「板木」から、当時の出版事情に迫る。第一人者が初めてまとめた「板木」論集成。
著者紹介 昭和24年岐阜県生まれ。滋賀大学教育学部卒。大谷大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学。奈良大学文学部教授。著書に『蕪村全集・連句編』『藤井文政堂板木売買文書』『月並発句合の研究』などがある。

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
板木の意義 京都と古典文学 永井一彰/著
『おくのほそ道』の板木 『おくのほそ道』板木の旅路 永井一彰/著
『おくのほそ道』蛤本の謎 永井一彰/著
「芭蕉」という利権 小本『俳諧七部集』 永井一彰/著
小本『俳諧七部集』の重板 永井一彰/著
『七部大鏡』の版権 永井一彰/著
入木 梅竹堂会所本の入木撰 永井一彰/著
『芭蕉翁発句集』の入木 永井一彰/著
板木二題 永井一彰/著
『山家集抄』の入木 永井一彰/著
版権移動・海賊版・分割所有 『笈の小文』の板木 永井一彰/著
『奥細道菅菰抄』の板木 永井一彰/著
『七部解』と『七部木槌』 永井一彰/著
『冬の日注解』の板木 永井一彰/著
竹苞楼の板木 永井一彰/著
板木の分割所有 永井一彰/著
『四鳴蝉』の板木 永井一彰/著
板木は語る 佛光寺の板木 永井一彰/著
慶安三年版『撰集抄』の板木 永井一彰/著
俳書の板木 永井一彰/著
一茶等「七評ちらし」の板木 永井一彰/著