資料詳細

北岡伸一/監修 -- 中央公論新社 -- 2013.12 -- 312.1

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵場所 請求記号 資料番号 資料区分 帯出区分 状態
一般資料 31210/R11/1-2 1109058691 一般 貸出可 在庫

資料詳細

種別 図書
タイトルコード 1110181877
タイトル 歴史のなかの日本政治  2
タイトルカナ レキシ ノ ナカ ノ ニホン セイジ
著者 北岡伸一 /監修  
著者カナ キタオカ シンイチ
巻の書名 国際環境の変容と政軍関係
各巻著者 北岡伸一/編,大澤博明/著,畑野勇/著,朴廷鎬/著,中澤俊輔/著,大前信也/著,鈴木多聞/著
出版地 東京
出版者 中央公論新社
出版年 2013.12
ページ数 318p
大きさ 20cm
一般件名 日本-政治・行政-歴史-近代 , 軍隊-日本-歴史-近代 , 軍人と政治
NDC分類(8版) 312.1
ISBN13桁 978-4-12-004572-1
定価 3000円
内容注記 内容: 均衡論と軍備 / 大澤博明著,戦前期多国籍軍と日本海軍 / 畑野勇著,満洲事変における朝鮮軍の独断越境過程の再検討 / 朴廷鎬著,一九三〇年代の警察と政軍関係 / 中澤俊輔著,戦費調達の政治過程 / 大前信也著,昭和天皇と日本の「終戦」 / 鈴木多聞著
内容紹介 明治国家の建設以来、近代日本の政治は、まさに政軍関係を中心に展開した。政治はいかに軍事を統制しようとしたのか。先鋭な論考6篇を収録。近代日本政治の“歴史的文脈”を解明するシリーズ。
著者紹介 1948年生まれ。東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了。国際大学学長、政策研究大学院大学教授。著書に「日本陸軍と大陸政策-1906-1918年」「官僚制としての日本陸軍」など。

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
均衡論と軍備 大澤博明/著
戦前期多国籍軍と日本海軍 畑野勇/著
満洲事変における朝鮮軍の独断越境過程の再検討 朴廷鎬/著
一九三〇年代の警察と政軍関係 中澤俊輔/著
戦費調達の政治過程 大前信也/著
昭和天皇と日本の「終戦」 鈴木多聞/著