資料詳細

漢人明子/著 -- 文藝春秋 -- 2012.2 -- 539.68

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵場所 請求記号 資料番号 資料区分 帯出区分 状態
一般資料 5396/K21/ 1108399211 一般 貸出可 在庫

資料詳細

種別 図書
タイトルコード 1110017798
タイトル 「内部被ばく」こうすれば防げる! 
タイトルカナ ナイブ ヒバク コウスレバ フセゲル
副書名 放射能を21年間測り続けた女性市議からのアドバイス
著者 漢人明子 /著, 菅谷昭 /監修  
著者カナ カンド アキコ
出版地 東京
出版者 文藝春秋
出版年 2012.2
ページ数 167p
大きさ 21cm
一般件名 放射線防護
NDC分類(8版) 539.68
ISBN13桁 978-4-16-374910-5
定価 1200円
内容紹介 放射能被害で本当に怖いのは、食品や呼吸による内部被ばく。チェルノブイリ事故以来21年間、小金井市で食品の放射能を監視し続けている測定室のメンバーが、自治体の動かし方から食品の測り方、選び方まで公開。
著者紹介 【漢人】1960年静岡県生まれ。東京都・小金井市議。「小金井に放射能測定室を作った会」共同代表。83年から12年間、小金井市の「どろんこ保育所」で保育者として働く。「小金井に放射能測定室を作る会」を発足、測定開始。97年小金井市議会議員に当選。現在4期目。,【菅谷】1943年長野県生まれ。68年信州大学医学部卒。91年からNGOグループによるチェルノブイリ原発事故の医療支援活動に参加。7回ベラルーシ共和国へ渡る。95年信州大学医学部退職等を経て、2004年から長野県松本市長。著書「チェルノブイリ診療記」など。